日本独自文化である刀と歴史的価値ある切手を取引

奥深い世界

奥深い中国切手の世界。

あなたは、切手に興味をお持ちでしょうか。切手収集は一昔前の趣味だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、切手は今、静かな再ブームを迎えているのです。今や切手も大変種類が増え、シール式のものや、地方のオリジナル記念切手やアニメやキャラクターの可愛い切手など、集める楽しみが倍増しています。その中でも外国切手、その中でも中国切手は、独特の味わいがあり、人気の的となっています。切手には歴史的人物がデザインされているものも多く、切手を見るだけでその国の歴史や民俗風土を垣間見ることができるのも魅力です。また美術的価値も高く、珍しい切手で美品であれば10万円以上の値段がつく切手もあります。中国切手は意外と入手が困難で、それゆえに人気も高いのです。

眠っている切手は是非買取に出してみましょう。

買取価格が高価といえば、日本の切手で言えば代表的なものは「見返り美人」などですが、中国切手にもレアで高価な値がつくものが沢山あります。インターネットで中国切手買取業者を検索してみると、沢山の業者さんが切手を探しています。日本の収集家だけでなく、中国の収集家も、自国の美しい切手を集めるのがブームになっているのです。買取価格が百万円を越える切手もあり、その高値に驚かされます。毛沢東主席をあしらった切手や、花鳥風月をあしらった切手、京劇やパンダなど見ているだけでも楽しくなります。もしご家庭に眠っている切手があれば、それをきっかけに収集するのも楽しいです。しかし興味が無いという方は、是非買取業者に見積もりを依頼してみましょう。思わぬ所にお宝が隠れているかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加